忍者ブログ
リーダーズマイン
[  10/19  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪府内の公立小中高校、支援学校の教員のうち、「こころの健康」に不安を感じている人
が57.7パーセントにのぼることが4月9日、府の教育委員会のアンケートで分かったそうです。
こころの病を理由に休職する教員が、この20年間で3倍に増加したことなどを受けて、大規模
な実態調査を実施したのです。府の教育委員会は「6割近くの教員が不安を抱いていたのは
想像以上。勤務時間などを検証したい」と話しています。

調査は、大阪市と堺市を除く府内の府立高校や支援学校、市町村立の小中学校の教員3000人を
対象に昨年11月に行い、有効回答は81.7パーセントだったとのことです。

「こころの健康に不安を感じているか」という問いに対して、全体の57.7パーセントの教員が
「強く感じている」「少し感じている」と回答していたそうです。「全く感じていない」とし
た人は7.1パーセントにとどまったそうです。全ての校種で半数以上が不安を感じていて、
割合が一番多かったのは、支援学校の6.15パーセントだったそうです。

年代別に見ると、50代が一番多く61.3パーセントが不安を感じていたとの事です。年齢が下がる
ごとに減少しているものの、20代でも半数を超える51.6パーセントが不安を感じているという
ことでした。

国際通信社から発行されている雑誌には「教育」に関する記事が様々な内容で取り上げられてい
るように思います。会社員でも、こころの不安を持っている人は多いかと思うのです。決して、
教師だから、不安が強いというのは違うのでは・・・と私は思っています。ですが、教師とい
うのは勉強だけではなく、生徒の心のケアを行うことも必要になってくるのではないかと思い
ます。親からの期待も大きい教師もいるでしょう。そういった面では重いものを背負うことにな
るかもしれません。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.