忍者ブログ
リーダーズマイン
43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33
[  07/07  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鎌倉市の鶴岡八幡宮の本殿前にある天然記念物「大銀杏」が根本付近から折れて倒れているのを警備員が見つけたそうだ。前日から続いた強風が原因と見られる。幹周り6,8m、高さ約30メートルで、樹齢は1000年とされる。2月以降の雨で地盤が緩んでいたことに加え、昨日からの雪まじりの強風によって倒れたらしい。
鎌倉に行くと必ず鶴岡八幡宮に寄る。桜の時期、もみじの時期、何度も何度も行った。そしてこの「大銀杏」に挨拶をした。源実朝が公暁に暗殺されたときに、との飛び散った血が大銀杏に残っていると聞いたことがあって、必死で探したこともある。このニュースを聞いて、呆然としてしまった。あんなに大きくて立派な木が倒れるなんて・・・。そして何か不吉なことがあるような気がしてならない。私は霊感があるわけでもなく、そういった類の力は全くないのだが、神木のような大銀杏が倒れたというのは、何かしらの意味があるような気持ちになってしまって、そわそわしている。
同時に大好きな人と初めてデートした思い出などもよみがえって、懐かしい。神社仏閣はどこもそうだが、とても荘厳な雰囲気があり、行くとホッとするような懐の深さを感じる。大銀杏はまさにご神木であり、ずっと昔から鶴岡八幡宮を守ってきたのだ。もっと前から保護する必要があったのではないか。地盤がゆるんでいたことがわかっていたなら、ロープで支えるなどの措置はとられなかったのか。回復は不可能ということである。とてもとても残念な出来事だ。

現代画報の飛躍
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 wiki 国際ジャーナル 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルに登場 国際ジャーナル文芸批評 200901 国際通信社のペットボトルのキャップ回収運動 - 国際通信社のネタ ... 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.