忍者ブログ
リーダーズマイン
[  07/05  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、林望氏のベストセラー「イギリスはおいしい」を読了したのですが、イギリス贔屓の林先生ならではの毒舌と優しい視線でイギリスを語っておられました。イギリスの食がどれだけ酷いのかを微に入り細に渡って説明し、どうして不味いのかが良く分かります(文章だけで不味いことが理解できるのは、その酷い調理法が克明に記載されているからです!)。でも、イギリス人のお国柄、その懐の深さを、林先生はとても好意的に楽しんでいるように感じました。中でも、人をもてなす心について、分け隔てが無いところを褒めていました。例えば、お茶への招き方、旅の共の心意気、本当の親切心、など。日本人からすると、ちょっとぶっきらぼうだったり、分かりづらかったりするかもしれない気風ですが、一度その世界に飛び込んでしまえば、べチャべチャに煮込まれた野菜料理を懐かしいと思えるぐらいにイギリスという国が好きなるかもしれないなあと思います。お高くとまったイメージのイギリスが、もっと素朴で実直な国に見えてきました(林望マジックなのか・・)。
国際ジャーナルに『今必要とされる「付加価値」ホスピタリティの精神とは』というコラムが載っているのを見て、ふと、林望先生の本を思い出したわけです。日本には日本独自のもてなす心があって、それは世界の観光客が認めてくれている文化です。だから、海外に阿らず見栄を張らずに、そのまま日本の良さを伝える方がいいんだろうなという気がします。





また偶然にも、ザ・ヒューマン 特集記事を拝見してからそういった方面の事に関して興味が出たそうで、時間を見付けてはインターネットや書籍で調べたそうです。
環境を考える太陽光発電 大阪のサービスが 年々拡大しており、リフォームして取り入れることを考えている人も少なくないと話していました。
友人は仕事の都合で賃貸情報の情報収集をしているそうで、報道通信社グループの雑誌を参考にしていました。
太陽光発電で検索といえばシャープ 太陽光発電といって言いほどの 信頼のある人気の商品です。
対談取材から得た経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている国際通信社の「月刊経営情報誌 国際ジャーナル 特集」が紹介されていました。
昔から親友はビジネス雑誌などで猛勉強中とのことで、国際ジャーナル 国際通信社がオススメだと話していました。
友人は、ゲームの購入を考えているらしく、CECH-3000Aがよさそうだと言ってました。
国際ジャーナル 職人で紹介されていた良さそうなお店に来店するとサービスもよかったです。
話を聞いたところ、この度結婚する事になったのでいい不動産 大阪の場所を知らないか、というものでした。
水分量をたっぷりと含んでおり、瑞々しい潤いを感じれそうなワンデーは目にも馴染みやすいそうだとか。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.